【本のご紹介】「水素ガスでガンは消える!?」

こんにちは!大阪・天王寺阿倍野エリアにある水素サロン LIFEです。当サロンでは水素吸入をメインにサービスを提供しております。

今日は、「水素ガスでガンは消える?」という本をご紹介させて頂きます。


「水素ガスでガンは消える!?」

著者は、腫瘍免疫の専門医の赤木純児先生です。

この本に書かれている内容を、ポイントだけご紹介しますと、

・赤木先生は水素ガス吸入をガン治療に用いた「水素ガス免疫療法」を確立した。

・「もう治療方法がありません」と医師に言われて自分のガンの治療法を求めてさまよう、「ガン難民」が日本には60万人いる。

・水素ガスがキラーT細胞を元気にしてオプジーボ(ガン免疫治療で使う薬)の効果を増強する。

・なぜ水素ガスが免疫力をアップするのか、そもそも水素ガスとはどういうものなのか。

・「余命2ヶ月宣告」から復帰した8ケースの詳細な紹介。


読後に胸に強く印象に残ったのは、赤木先生の末期のガン患者の方をなんとか救いたいという想いです。

通常、大病院や大学病院は経営的な観点からどうしても国のガイドラインに沿った「標準治療」をガン患者の方にすすめます。

この標準治療というのは、保険適用される、手術、抗ガン剤、放射線治療です。

初期のガンの方はこの標準治療で治る方は多いそうですが、末期のガンの方には標準治療を繰り返す内に治療効果が出なくなり、医者から「もう出来ることはありません」「緩和ケアを考えてみませんか?」という言葉をかけられる事になるそうです。

そんな風に医者から見放されてしまい、どこにも行く当てのない言わば「ガン難民」を何とか救いたいと長年研究を続けられた赤木先生がたどり着いたのが「水素ガス免疫療法」です。

赤木先生にお会いした事はありませんが、この本の行間から先生の患者さんと向き合うホスピタリティがとても伝わってきました。

2019年7月の時点で、その効果が認められた症例と実証データは400件を超えるそうです。

「【本のご紹介】「水素ガスでガンは消える!?」」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。